効率よくお金をかけず広告を使う方法

効率よくお金をかけず広告を使う方法

良い商品(製品)・サービスを持っているにもかかわらず、
PRをうまくできなかったため、
消費者に商品を認知してもらえないという悩み
をおもちではありませんか?


多くの経営者は、
商品の宣伝お店の宣伝をするための手段として、
広告を出すことだと考えています。
あなたも、広告は大事だと考えていることでしょう。

その考えは確かに正しいです。
広告は販売促進の手段として重要です。

しかし、最近は、広告を取り巻く環境が激変しています。

以前ならば、新製品ができたら
すぐに広告を出せば売れる時代でした。
お店のチラシを出せば、お店にお客さんが来てくれました。
しかし、現在は状況が変わってきています。

チラシを出しても全くお客さんが来てくれない
という自体が続出しています。
肝心な広告の反応率が激減し、
広告しても反応が得られない事態が続出しているのが事実です。

このような現状から、
実際に儲けている方とそうでない方では、
広告に対する考え方が違います。
広告をやめてしまったわけではありません。


確かに儲かっている企業は、広告で集客しています。

しかし、利益を獲得している賢い会社では、
商品のライフサイクル上投資対効果を考えて、
広告投資をしてもお客さんからの反応を得られない導入期は、
広告投資を抑えて、別の方法を使っているのです。


       続きを読む

  

広告投資を無駄にしない宣伝方法

現在の世の中では
商品やお店が乱立しすぎているため
よほどオリジナリティの高いことを
しなければ、消費者に振り向いてもらえません

このように世の中に似たような商品やお店が乱立する状況では、
市場でまだ認知されていない商品(お店)は、
どんなに広告宣伝をしたところで、
反応を得るのが難しく広告費が無駄になるのが現状です。

それでも、広告予算が潤沢にある大手企業では、
どんどん広告費を投下しますが、
中小企業の場合は、広告予算自体も限られているため、
闇雲に赤字となる広告投資を続けるわけにも行きません。

そこで、このような商品(会社)の場合は、
最初からむやみに広告を出して、
無駄な広告費を垂れ流すのではなく、
広告費を掛けなくても、
新聞・テレビ・雑誌などのマスコミ
無料であなたの商品(会社)を取り上げてもらえるように、
マスコミにアプローチを掛けることが、
とても重要なのです。

このマスコミへのアプローチ方法を、
一般的にプレスリリースと言います。

このプレスリリースにより、
新商品の市場投入時には新聞・雑誌・テレビ番組などの
マスコミに対してアプローチをすることで、
無料で商品やお店を取り上げてもらうための
対策をしているからこそ、市場内での認知度が高まり、
認知度が高まってから今度は、
積極的に広告宣伝をすることにより、
更に市場内での広告宣伝反応率を高めて、
利益を出すことができるのです。

今回、お伝えするのが、
こうした広告費を一切掛けずに
新聞・テレビ・雑誌などのマスコミから取材を受けて、
無料であなたのお店や商品を宣伝してもらえる
プレスリリースという宣伝方法をまとめたものなのです。


    続きを読む

プレスリリースの書き方

プレスリリースの書き方

プレスリリースにおいて
最も大事なプレスリリースの書き方について
徹底的にお話しします。

プレスリリースの基本形を元にしながらも、
業界内で他のライバル業者の追随を許さないほどの
マスコミ掲載率を誇る
ハワードジョイマン式のプレスリリースの
作成法・書き方です



(1)プレスリリースの定型文章を知ろう
(2)プレスリリースでの重要なパーツとは?
(3)大手企業プレスリリース
    無名企業のプレスリリースの違いとは?
(4)記者の行動体系から何が分かるのか?
(5)勝負は○○!その意味は?
(6)プレスリリースの書き方の極意とは?
(7)マスコミ媒体別の存在意義を知ることで分かることとは?
(8)マスコミ別攻略法から導き出される書き方とは?
(9)初心者の方が最初からでも記者の反応を取れる書き方とは?
(10)記者が喜ぶプレスリリース
    記者が読まないプレスリリースの違いとは?



=報道用資料の書き方徹底解説=

(11)会社名・住所・代表者名・担当者名・直通連絡先の書き方
(12)記者が思わず見入ってしまうキャッチコピーの書き方とは?
(13)プレスリリース
     ゴミ箱に捨てさせないリード文の書き方とは?
(14)記者が思わず見入ってしまう本文の書き方とは?
(15)記者が取材をしたくなる文末の締め方は?
(16)記者が記事を書きたくなる追伸の書き方とは?
(17)○○の効果的な挿入法とは?
(18)キャ○○○の書き方1つで驚くほど変わる記者の反応率!
(19)○○○○の効果的な使い方とは?
(20)○○○○結果の賢い使い方とは?
(21)○伝○○真を事前に用意する本当の裏の目的とは?
(22)記者は○○の思いに共感し、
     掲載したいと思う!その○○の思いとは?
(23)新製品の場合は、○○○○を掲載し、掲載率アップを狙え




       詳細を見る 

プレスリリースの話題の作り方

 プレスリリースの話題の作り方
       興味を惹く描き方  


 プレスリリースの書き方を覚えたところで、
肝心な話題が思いつかない方もいらっしゃいます。
そこで、プレスリリースのアイデアをお話します。

このアイデア自体が、
プレスリリース以外でも売上げに直結する方法ですので、
目を通すだけでも、価値は十二分にあります。


(1)あなたのお店・会社の中には
      プレスリリースのネタが満載!
(2)新聞・雑誌を手元に用意してみる
(3)新聞・雑誌に掲載されている内容を書き出す
(4)自分の会社の話題がどこに掲載されるのか?見当をつけてみる
(5)自分の会社内の話題を書き出してみる
(6)新○○の話題
(7)新サービスの話題
(8)新店舗オープンの話題
(9)人物を特集した話題
(10)世相を反映したトピックス的な話題
(11)小冊子に関する話題
(12)ユニークな話題
(13)募集ものの話題(○○・ネーミング・など)
(14)新規○○に関する話題
(15)経営○○に関する話題
(16)新○○設立の話題
(17)○○に関する話題
(18)○○化にちなんだ話題
(19)○○化防止にちなんだ話題
(20)衛生管理にちなんだ話題
(21)悪質商法の防止にちなんだ話題
(22)トレンドを○○した話題
(23)裏技:○○を利用した裏ワザ



     詳細を見る

プレスリリースの配信方法

プレスリリースの配信方法

プレスリリースの配信は、
書き方の次に重要な事項です。

なぜなら、いくら記者が取り上げたくなる
プレスリリースを書いたとしても、
肝心な記者までその原稿が届いていなければ意味が無いからです。

多くの会社が、安易に配信代行業者を利用して
何の成果も出せずに終わるのに対して
どうして弊社のクライアント企業が
続々と取り上げられるのか?

その秘密がこのプレスリリースの配信方法です。

(1)プレスリリースの配信方法を調べる 
(2)プレスリリースの配信先を調べる
(3)配信先に電話をしてみる
(4)配信先をデータベース化する
(5)配信先のデータベースを定期的に加工する
(6)配信時のポイント
(7)さりげない記者へのプッシュ電話法
(8)記者から連絡がこない場合の対応法
(9)○○に行ってみよう
(10)なぜ、配信代行を使わないのか?
    配信代行業者が絶対に明かさない、
       取材依頼が全く来ない本当の理由
(11)ブログ系プレスリリースの効果は?
      本来の目的を履き違えているために、
    いくらやっても効果の無いブログプレスリリースの真実とは?


     プレスリリースの配信方法を詳しく見る

プレスリリースとは?

『プレスリリース』というものを初めて知ったという方に、
プレスリリースについて簡単に解説しましょう。

プレスリリースとは
企業が自社の取組みをマスコミに情報提供することで、
その取組みに興味を持ったマスコミ担当者が
記事として掲載するものです。

このプレスリリースによる記事掲載は、
広告チラシとは異なり、記事としての扱いのため、
全て無料です。

プレスリリース一般的な雛形は、下記のとおりです。


プレスリリース雛型


しかし、マスコミ各社には、
連日大量のプレスリリースが届きます。
そのため、普通に書いていても記者は見向きもせずに、
ゴミ箱に捨ててしまいます。

また、プレスリリースの配信を行う会社では、
国内外何百社と言うマスコミに配送する会社もありますが、
闇雲に送った所でお金の無駄ですのでご注意下さい。

無名の会社でも取り上げられるための
プレスリリースの作成法、書き方、方法を
余す所なく書いてありますので、
多くの方から喜ばれ多数の結果が出ています




      詳細を見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。